FC2ブログ
2008.12.2922:03

Hover

ホバーのスクリプトがネットに上がっていたので簡単に作ってみました。

これで飛行禁止区域でも高い所まで上がれますし早く進む事もできます。
でも余り目立つとBANされそうになるので・・・

こっそりと使っています。

Hover


Hover


スポンサーサイト



テーマ : Second life
ジャンル : ゲーム

2008.03.1023:56

total_number

よくスクリプトに使われている「total_number」の意味が解りません。
スクリプト入門にも沢山載っていますけど「total_number」の説明が無いです。

前にも書きましたが・・・やっぱ( )の中を理解できないとスクリプト全体を理解出来ないですね。

使用例:touch_start(integer total_number)

疑問ばかり増えてばかりいてスクリプトを組む事が出来ませんorz

続きを読む

テーマ : Second life
ジャンル : ゲーム

2008.03.1022:03

ブランコ

無料のブランコを手に入れたら中のスクリプトを見る事ができました。

この手に入れたブランコは少しぎこちないですので スムーズに動かしたのですけど
どこら辺を直したら良いのでしょうか?

--------------------------------------------------------
integer swing=FALSE; //So it starts out NOT swinging
float time=0.4; //Decreasing this (on it's own) makes the swing move FASTER and vice versa
integer steps=12; //The total number of steps in the swing's path. More steps=smoother swing. More steps (alone) means slower swing too - time for a complete swing cycle is steps * time (so 4.8 s with the default settings).
integer swingDegrees = 45; //How far from the vertical the swing moves

//If you play from here on down you might break the script. Do so at your own risk. There are no comments - just to encourage you NOT to play.

integer i=1;
float swingRad;
vector normal;

rotation Inverse(rotation r)
{
r.x = -r.x;
r.y = -r.y;
r.z = -r.z;
return r;
}
rotation GetParentRot()
{
return Inverse(llGetLocalRot())*llGetRot();
}
SetLocalRot(rotation x)
{
llSetRot(x*Inverse(GetParentRot()));
}

default
{
state_entry()
{
normal = llRot2Euler(llGetRot());
swingRad=DEG_TO_RAD*swingDegrees;
llSetTouchText("Swing");
}
touch_start(integer num)
{
if(swing)
{
swing=FALSE;
llSetTouchText("Swing");
}
else
{
swing=TRUE;
llSetTouchText("Stop swing");
llSetTimerEvent(time);
}
}
timer()
{
float stepOffset=(float)i/steps*TWO_PI;
if(i>steps) i=1;
if(swing==FALSE && (i==steps || i==steps/2))
{
llSetTimerEvent(0.0);
SetLocalRot(llEuler2Rot());
} else
{
SetLocalRot(llEuler2Rot());
i++;
}
}
moving_end()
{
normal=llRot2Euler(llGetRot());
}
}

テーマ : Second life
ジャンル : ゲーム

2008.02.2122:28

ダイアログ表示

ここ数日連続で寝坊ばかりしているfuuAllenです。
RLの皆さん すみません

少し遅くまで起きてスクリプトを作っていました。
最終的には作ってもらってしまいましたけどね

何をスクリプトで作りたかったと言いますと・・・
周りに居る人をサーチしてダイアログに表示させるスクリプトです。
今の所は・・・

これで完成ではありません ここからまた発展させます。

もともとプログラムって不得意で余りやった事なかったらから進まないです。

dialog01.jpg

テーマ : Second life
ジャンル : ゲーム

2008.02.1921:58

llVecMag

昨日 今年初めてお酒を飲んだfuualloenです。

こんばんは・・・

今 スクリプトが見られるオブジェクトはスクリプトを見る様にしています。

今日気になったスクリプトは「llVecMag」です。

ネット調べてもllVecMagの説明が「ベクトルの大きさを返す。」
他には「3次元ベクトルの長さを求める。」って余計解らなくなりました

テーマ : Second life
ジャンル : ゲーム

2008.02.0900:57

llSetPrimitiveParams

リンデンスクリプト入門で「llSetPrimitiveParams」の説明が・・・
「そちらではさらに詳細な設定ができる」だけ・・・

全然説明になっていませんね(;´∀`)

ネットで調べたら某サイトに詳しい説明が・・・
これ位詳しく説明を載せてよ~。・゚・(ノД`)・゚・。
--------------------------------------
llSetPrimitiveParams(プリムのあらゆる設定を変更できます。)
一番目のパラメータ : プリムフラグ(この例の場合はPRIM_FULLBRIGHT=明るさ)
PRIM_BUMP_SHINY テクスチャ輝き設定
PRIM_COLOR 色
PRIM_FLEXIBLE フレキシブル
PRIM_FULLBRIGHT 明るさ全開
PRIM_MATERIAL 素材
PRIM_PHANTOM ファントム
PRIM_PHYSICS 物理
PRIM_POINT_LIGHT 光
PRIM_POSITION 位置
PRIM_ROTATION 回転(度)
PRIM_SIZE サイズ
PRIM_TEMP_ON_REZ 一時的表示設定
PRIM_TYPE 建造物ブロック・タイプ
PRIM_TEXGEN テクスチャマッピング設定
PRIM_TEXTURE テクスチャ
二番目のパラメータ(注1) : 明るさを設定するオブジェクトの面
三番目のパラメータ(注1): TRUE=明るい、FALSE=明るくない
--------------------------------------

買ってからリンデンスクリプト入門でスクリプトを調べて解った事は
可成りスクリプトの説明が雑で抜けが多い事です。
取り上げていないスクリプトも多いですし・・・

ちょっと凝ったスクリプトを作るにはネットで調べたり、
詳しい人に聞いた入りしないと駄目だって事です。

セカンドライフ Linden Scripting Language プログラミング入門 (バーチャルワールドガイドブックシリーズ) (バーチャルワールドガイドブックシリーズ)
セカンドライフ Linden Scripting Language プログラミング入門 (バーチャルワールドガイドブックシリーズ) (バーチャルワールドガイドブックシリーズ)赤坂 玲音

アスキー 2007-08-29
売り上げランキング : 104094

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
セカンドライフで作る リンデンスクリプト入門(CDROM付) (セカンドライフアーキテクト育成SCRIPTING series 1) セカンドライフの作り方 (バーチャルワールドガイドブックシリーズ) セカンドライフアバターメイキングブック セカンドライフ公式ガイド Second life the official guide セカンドライフ完全デザインガイド アバター、ファッション、建物から生活スタイルまで

テーマ : Second life
ジャンル : ゲーム

2008.02.0723:10

llSetBuoyancy

llSetBuoyancy(float オブジェクトにかかる重力)って この「オブジェクトにかかる重力」って?

何を入れたらいいの?

例の如くネットで検索・・・・

Aaさんのブログ「セカンドライフプラネット」に説明が載っていました。

--------------------------------
llSetBuoyancy 関数
 物体に及ぼす浮力を設定する
 例1:浮力(1.1)の設定。浮かびます。
   llSetBuoyancy(1.1);
 例2:浮力(0.0)の設定。全く浮かびません。重力で落下します。
   llSetBuoyancy(0.0);
--------------------------------
これは解りやすい説明ですね。普通の説明はこういう書き方ですよね。

只単に「オブジェクトにかかる重力」って書かれてても解りません(;´Д`)

テーマ : Second life
ジャンル : ゲーム

プロフィール

fuuAllen

Author:fuuAllen
三流クリエイターfuuAllrnの物作りセカンドライフ日記

カウンター
ワッサー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
PIGGYBUY
PIGGYBUY
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
セカンドライフ
フリーエリア
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク