FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.0222:25

マグスル、Second Lifeから撤退へ 「Second Lifeは終わっていない」

風の音が凄くて熟睡できなかったfuuAllenです。こんばんは

悪魔でも仕事の合間にネットをしていたら「マグスル、Second Lifeから撤退へ」って言うニュースを
見かけました。私がセカンドライフを始めた2007年の頃はマグスルのSIMがどんどん出来て居住する人が沢山で
土地の空き待ちみたいな感じになって活気がありましたけど、今では、あの時の活気あるマグスルではなく
過疎化が進み空き地だらけになって行くマグスルです。

土地だけ貸して後は自由にやって下さいって言うのは、やっぱり飽きてしまいますし…殆どお店しか
建っていなかったら、いずれ誰も来なくなるし
住んでいる人達が飽きない様に、もっといろいろとやるべきだったのかもしれませんね。


Second Lifeベンチャー・マグスルは、4月1日からSecond Life事業を段階的に縮小し、Second Lifeから撤退すると発表した。Second Lifeの企業利用が減って収益が厳しくなったほか、運営元の米Linden Labとの方針のズレが大きくなったため。

 Second Lifeは今も活発に利用されており、撤退は「Second Life発展を疑うからではない」と説明している。

 同社は、Second Life上のSIM(島)を区画に分け、個人・企業向けにレンタルしたり、仮想通貨「リンデンドル」を楽天スーパーポイントに交換するサービスなどを展開しているが、それぞれ順次、縮小・撤退する。

 撤退の発表に伴い、新谷卓也社長は「個人的な思い」として、Second Lifeと同社の関わりや、Second Lifeについての考えをつづっている。

 同社は2007年末、Second Lifeに参入。その直後から、Second Lifeがマスメディアにこぞって取り上げられたが、その多くが「お金がもうかる次世代インターネット」という紹介の仕方で、Second Lifeが「ゆがめられた情報となって世に広まった」と振り返る。

 Second Lifeには「ビジネスとは無関係のもっと楽しい部分がたくさんあった」。見知らぬ外国人とチャットを楽しんだり、共同でさまざまな物を作って動かしたり、イベントやライブを楽しんだり。だがその楽しさを理解しないまま、最近は「Second Lifeは終わった」など批判的な見方をする人が多数になったと、新谷社長は残念がっている。

 Second Lifeは現在も、日本人だけで2~3万人が利用。世界中で活発に利用されており、Linden Labの経営は黒字化しているという。

 同社はSecond Life撤退後もネット関連のコンサルティング事業を継続。「いずれ取り組むべき仮想世界プラットフォームと出会うことがあれば挑戦したい」としている。



スポンサーサイト

テーマ : Second life
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fuuAllen

Author:fuuAllen
三流クリエイターfuuAllrnの物作りセカンドライフ日記

カウンター
ワッサー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
PIGGYBUY
PIGGYBUY
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
セカンドライフ
フリーエリア
Twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。